スポンサードリンク

お茶に由来する多くの健康効果

お茶に由来する多くの健康効果 著 者: 中山 舞子

お茶の健康効果
お茶の健康効果は沢山あって、無視するのが難しいほどです。紅茶は、骨健康を促進することで知られています。緑茶は、体重をコントロールすることに効果的なカテキンを含んでいます。そして、最近の研究によれば、毎日カップ最低3杯の紅茶または緑茶を飲むことで、脳卒中のリスクを大幅に下げることができます。

UCLA研究者が主導する最近の研究では、緑茶または紅茶を沢山飲めば飲むほど、脳卒中の防止になることが発見されました。研究者は、1日あたり少なくともカップ3杯のお茶を飲むと、21%も脳卒中のリスクを減らすことを発見しました。そして、その効果は線形のように見えますので、もし1日につきカップ6杯のお茶を飲むとしたら、脳卒中に襲われるリスクはさらに21%下がることになります。

脳卒中を防止する方法がほとんどない現在の状況から考えれば、これらの研究結果は本当に素晴らしいことです。脳卒中は急激に起きる傾向があり、通常脳卒中になった人はすぐに治療を受けられません。したがって、防止こそが鍵です。

研究者は、酸化防止剤エピガロカテキン没食子酸塩(EGCG)かアミノ酸テアニンがお茶の中の活性化合物として存在し、これが脳卒中を防止する力をお茶に与えていると、考えています。テアニンは不安を和らげますので、ストレスがあるとすれば、座ってカップ1杯のお茶をすすることは良い考えです。

お茶の薬用価値を宣伝する他の研究

2001年に、ある研究者チームは、紅茶が口の健康を促進することができるということを発見しました。紅茶の構成要素は、空洞化と歯肉病を引き起こすプラークバクテリアに干渉するように決定されていました。2005年には、他の研究において、お茶が白内障のような複合的なものだけでなく、糖尿病の予防にも役立つことが発見されました。
以上のように、お茶が健康のためにいかに素晴らしいものであるかが分かれば、実際に毎日カップ3杯のお茶を飲まない理由はありません。

情報はこちらをクリック
http://www.ed-genesis.com/
アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

3Dタグクラウド(ブログ内の記事一覧です)項目別に探せます

このページの先頭へ